井上由美子先生のページ

臨床では外科病棟、集中治療室、救急外来、ハイケアユニットで勤務してきました。外科病棟では、患者さんの術前・術後の看護を通していろいろなお話を聞くことができ、「おかげで元気になったよ」と退院して行かれることに喜びを感じました。集中治療室やハイケアユニットでは、病状が悪くなった患者さんが生きようと頑張っている姿、患者さんを支えようと頑張っている家族の姿を見て、何ができるのかを探す毎日でした。

教員になり、臨床での経験を生かして成人看護学、主に急性期疾患の看護を担当しています。他に基礎看護技術の演習や病院実習を指導しています。現在は、1年生のチューターとして学習面、生活面、精神面のサポートをしています。学生さんたちは今まで病気の方たちと接することが少なかったと思います。何でも話してくれる患者さんは多くありません。なかなか自分の思いや症状を話してくれない患者さんを思いやり、言葉で表さないことに気がつける看護師を育てていきたいと思っています。

研究としては、急性期の患者さんや家族を支える看護師の役割に関して行っています。医学の発展、医療技術の進歩とともに、危機的な状況にある患者さんも救えるようになってきています。しかし、そのような患者さんや家族はさまざまな困難な状況にあります。看護師は、患者さんや家族の状況を理解して支援をする必要がありますが、看護師にも葛藤や戸惑いがあります。どうしたらうまく支援できるのかを検討しています。