在学生の声(2016)

 

   私は将来、山口大学医学部附属病院の高度救急救命センターで、フライトナースとして勤務することを希望し、その思いを胸に宇部フロンティア大学に入学しました。現在入学したばかりで、授業についていくことに精いっぱいですが、空き時間を利用して図書館を活用し、勉強しています。 1人の学生に2人の先生が担当されるチューター制では、進路や生活面でのアドバイスを頂き、他の先生方も親身になって教えてくださいます。将来の夢を実現するために、今のうちからコツコツ勉強していきたいと思います。

 

 

   私は高校3年生の時に、進路についてとても悩みました。しかし、夏のオープンキャンパスに行って先生方や先輩方の熱心さに心を打たれ、入学しました。入学当初は、男子学生が79人中12人と少なく不安でしたが、男子学生は皆とても優しく、団結力があって楽しいです。女子学生の友人も多くでき、のびのびと学生生活を楽しんでいます。サークル活動は学生会やバスケット部などに所属しています。先輩方も優しくすぐに交流が深まると思います。今から、79人による4年間の長い物語が始まります。看護師・保健師・養護教諭になるため、皆と切磋琢磨して頑張ることはもちろんですが、スポーツ大会や魁祭などイベントで盛り上がってたくさんの思い出を作るのが私のもう1つの目標です。

 

 

   この大学に入学し、最初は勉強や学校生活に不安を抱いていましたが今はとても充実した学校生活を送っています。この大学は他の大学よりも男子生徒が多くとても仲がいいです。サークルに入ることで友情関係や、先輩とも仲良くなることができ勉強のことやプライベートなことも相談することができます。勉強は難しく大変ですが、この大学は先生方との距離が近く優しいので勉強を教えてもらえ相談にも乗っていただけます。2年生になり専門科目が増え、勉強がさらに大変になりますが目標の看護師になるために頑張ります。

 

 

   2年生では、看護に関する専門的な講義や、看護技術の演習が中心になってきました。疾患や看護技術の学びを重ねるにつれて、自分の将来像が見えてきました。また、初めての一人暮らしや学校生活では、不安や戸惑いでいっぱいでしたが、今では新しい友達もでき、一人暮らしにも慣れ、充実した毎日を過ごしています。同時に、改めて両親の存在の大きさを実感しています。私の夢は養護教諭になることです。看護師国家試験に向けた勉強だけでなく、養護教諭一種免許を取るための準備を進めています。これからも、感謝の気持ちを持って、みんなに愛される養護教諭を目指し、頑張ります。

 

 

 

 

   3年生になり、専門分野の学習内容が難しくなりましたが、授業ではグループワークなど、学生同士で話し合うことが多いため、共に学び、高め合うことができます。宇部フロンティア大学は、看護師だけでなく、保健師受験資格・養護教諭一種教員免許を取得することができます。私は、養護教諭になることを目指し、この大学に入学しました。先生方は熱心に指導して下さるだけでなく、相談にも乗って下さるので心強い存在となっています。看護師と養護教諭の勉強の両立は大変ですが、夢の実現に向け、日々の学習を怠らず頑張りたいと思います。

 

 

   宇部フロンティア大学では1年次から「実習」に備え、大学内で病院さながらの恵まれた環境の中で演習を行うことができます。そして、アクティブラーニングが取り入れられた授業では、授業を聞くだけでなく、グル ―プワークが多くあり、主体的に参加することで学びが深まっています。また、私は、宇部フロンティア大学と学術交流を結んでいる韓国に短期留学したり、大学の行事やボランティアに積極的に参加し、大学生活を楽しんでいます。中でも大学祭である魁祭が一番印象に残っており、看護学科の催し物のハンドマッサージの施術者として参加したのですが、地域の方と関わる機会を得ることができ、良い経験になりました。3年生になり専門的な内容になってきましたが、これからも勉学に励み、多くの知識や経験を1つでも多く身につけ、夢に向かって努力していきます。

 

 

 

 

 

   私は、現在大学で看護師・保健師の資格取得や就職活動に向けて、日々準備をしています。国家試験の勉強では、実習や就職活動を両立して行わなければならないので、時間を有効に使い、実習と国家試験の勉強が結びつくように心がけています。また、国家試験勉強では先生方のサポートもしっかりしているため、学年単位で国家試験合格に向けて意識を高めながら取り組んでいます。就職活動では、キャリア支援センターの方々が親身になって、手厚く指導してもらえるのも、宇部フロンティア学の魅力の1つだと思います。私は、忙しくなるため春休みからインターンシップや合同就職説明会に参加するなどして、早い段階からの準備を行いました。4年生となり、忙しい日々が続きますが、同学年の皆とともに自分自身の目標の実現に向けて、頑張っていきます。

 

 

   看護師になりたいという夢を抱え、入学してからあっという間に4年目を迎えました。私は現在、看護師・保健師資格の取得に向けて勉学に励んでいます。大学では学校生活や実習、サークル活動を通じて多くの人と出会い、経験を得ることが出来ました。特に実習で出会った患者さんから、「あなたがいるから頑張れる」という言葉を頂いた時は、勉強し、この方の役に立ちたいと思いました。最終学年の今、私はこれまでの出会いから目指す看護師像が見いだせたように思います。患者さんの状態を理解し、何を求めているのかを把握したうえで看護を提供できるようになりたいと考えています。この1年間で、臨地実習や国家試験、就職活動と忙しい日々が続きますが、残り少ない時間を同学年の仲間と悔いのないように過ごし、夢を実現します。