小山 典子先生のページ

担当科目

大学:性格心理学 健康心理学 心理相談

大学院:看護臨床心理学特論 看護臨床コンサルテーション特論

研究概要

これまでの臨床経験(総合病院、精神科病院、本学院附属臨床相談センター、本学附属文京クリニック)をもとにクライエントへのよりよい心理療法の実践を取り組んでいます。看護師としての経験から特に心と身体の両面からアプローチできるフォーカシングについて研究中です。

フォーカシングとは:からだを使って、自己の気づきを促し、こころを癒していくプロセス。日常生活の中で起こっている事柄について、からだの内側で何かを感じるもの(例えば不安なことがあって“胸騒ぎがする”とか緊張する場面で“胃が重くなる”とか)と対話します。人は普通この不快な感覚から逃れようとします。しかし、フォーカシングでは、このからだの感じている内なる自己があなたに伝えるメッセージに耳を傾けることで、深い洞察と身体的な癒し、そして否定的な自己から肯定的な自己への変化が得られます。

ゼミについて

主に対人関係における問題や自己他者理解について、心の成長を主軸にしながらディスカッションしてもらいます。各々、社会・友人・恋愛・SNSなど様々な心理学的影響に興味を持ち洞察を深めています。

各々が目指している資格試験の勉強も随時行っています。