大塚 和美先生のページ

私は、介護福祉士として宇部市内の介護老人保健施設に勤務していました。

私の授業担当は、介護福祉士養成カリキュラムに定められている「介護」の領域の科目です。私の研究領域は、介護福祉士に関わること全般、特に介護福祉士の職務継続の要因について研究を進めています。

「人の健康や幸せのために励む」態度で、学生や介護施設の職員、そして利用者に対して、研究者として貢献できるように日々努力しています。

 

1.授業担当科目について

1)介護福祉士資格取得に関連する科目として、以下の科目を担当しています。

(1)介護概論

介護福祉士を取り巻く社会状況を概説し、介護の専門性や独自性、倫理性についての理解を深める科目。

(2)ケアマネジメント論

現在様々な援助現場で実践されているケアマネジメントについて、基礎を体系的に学習する科目。

(3)介護管理概論

介護福祉の現場において求められている、介護管理者として必要な観点・内容の理解を深める科目

(4)緩和ケア論

対象者の死に対する積極的かつ全人的なケアを基本として、対象者とその家族にとって、できる限り良好な生活の質の実現を目指すために、介護福祉士としての役割を学習する科目。

(5)生活支援技術

対象者の自立を目指した生活支援を実施するために、人の心や自然な働きに基づいた日常生活支援技術に関する知識と技術、態度について、体験・学習する科目。

(6)介護過程

対象者が望む生活や人生の実現または継続を支援するために、専門的知識を活用した思考の過程を学習し、事例を基にして考えることでより理解を深めていく科目。

(7)介護総合演習

介護実習全体の目的、意義、概要に関する講義や実習の前・中・後のそれぞれ  の時期で実習内容の理解をより深める内容の科目。

(8)介護実習

講義や演習・実習など学内で学んだ知識や技術をもとに、実際の福祉施設・事  業所で専門職員の指導・助言を受けながら介護を実践する科目。

 

 

2)社会福祉士資格取得に関連する科目として、「福祉入門」を担当しています。

  相談援助職を目指す学生に対して、社会福祉に関する概念や歴史、現状などの理解を深め、社会福祉を幅広く理解する最初の入口となるような内容の科目。

 

3)教養に関連する科目として、「フロンティアとは何か」を担当しています。

①本学の理念や教育方針、②対人援助職の倫理観や連携、③福祉学専攻と心理学専攻の特徴、④宇部市の概要に関する理解を深めることを目的とした科目。

 

2.研究について

1)介護福祉士に関する研究

(1)介護福祉士と看護師の相互の役割と期待をめぐる課題(2)

~介護福祉士と看護師の連携の認識に関する一考察~

共同 2014年3月 宇部フロンティア大学 人間社会学部紀要 2013 Vol.4 No.1 

 

(2)介護職員のキャリアアップ形成に関わる要因の分析

単著 2015年1月 山口県立大学大学院

 

2)介護福祉士以外に関する研究

(1)学生満足度調査に関する一考察 その2

共同 2015年3月 宇部フロンティア大学 人間社会学部紀要 2014 Vol.5 No.1

 

3)大会・研究発表会

(1)高齢者のコーディネーション・トレーニングにおける効果の実践

   単著 2007年8月 山口県介護福祉士会 平成19年度 介護事例研究会

(2)高齢者が望む世代間交流

共同 2007年8月 全国介護老人保健施設愛知大会(第18回)

(3)小学生から見た高齢者像

   共同 2008年5月 山口県介護福祉士会 介護研究セミナー 研究発表会(第1回)

(4)介護職の職務における満足・不満足

   共同 2009年5月 山口県介護福祉士会 介護研究セミナー 研究発表会(第2回)

(5)介護福祉士と看護師の相互の役割、期待をめぐる課題

共同 2012年5月 山口県介護福祉士会 介護研究セミナー 研究発表会(第5回)

(6)介護福祉士と看護師の相互の役割、期待をめぐる課題(2)

共同 2013年6月 山口県介護福祉士会 介護研究セミナー 研究発表会(第6回)

共同 2013年10月 第11回日本介護学会 山形大会