桝本俊哉先生のページ

研究の概要

私は多くの領域がある心理学の中でも特に臨床心理学を専門にしています。臨床心理学とは「こころのケア」や「こころの健康の維持増進」を目的とする、カウンセリングや心理検査、地域支援などを行うための学問です。そして私は、臨床心理学の知見をこころの健康やより豊かな生活のために活かすために、どのようにすればよいかについて研究しています。たとえば、「温泉って健康に良いと言われるけど、本当にそうなのかな」といった素朴な疑問に対して、心理学の方法を用いて、温泉が人の心理に与える影響について検証したこともあります。

 

 具体的なテーマとしては、

1.「学びを促進するための臨床心理学」について研究を行っています。

 「学び」とは人間を人間らしくするために必要な心の作業です。「学び」を促進する心のあり方や、どのような支援やサポートが「学び」を促進するのかについて研究しています。

 

【関連する論文】

・「算数を好きになるための心理支援について」宇部フロンティア大学大学院附属臨床心理相談センター紀要 第7巻に掲載

・「算数や数学を好きになる学びについて」宇部フロンティア大学大学院附属臨床心理相談センター紀要 第8巻に掲載

 

2.「こころの健康の維持増進」について研究を行っています。

 近年、働く人の心の健康(メンタルヘルス)に関する問題が大きな社会問題になってきています。働く人の心の健康の維持増進のため、臨床心理学に何ができるのかについて、すでに行われていることが臨床心理学的に本当に望ましいことなのかについて研究しています。これについてこれまでの私の研究からは、心の健康のために良いとされていること、悪いとされていることというのは、人によっても状況によっても異なってくるこということが分かってきています。つまり、こころの健康の維持増進のためには、人それぞれに、その時の状況しだいで合う方法や合わない方法があるということです。言いかえれば、「困ったときには相談して、自分に合う方法を見つけることが大切」ということではないかと考えています。

 

【関連する論文】

・「メンタルヘルス推進のための転勤」宇部フロンティア大学大学院附属臨床心理相談センター紀要 第8巻に掲載

・「メンタルヘルス推進のための心理検査の活用」宇部フロンティア大学大学院附属臨床心理相談センター紀要 第9巻に掲載

・「メンタルヘルス推進のための温泉療法の活用」宇部フロンティア大学大学院附属臨床心理相談センター紀要 第10巻に掲載

 

3.「子どもの学校や社会への適応」について研究を行っています。

 人は環境に適応して生きるために進化し、適応しやすい環境に変えていくための文明を発展させてきました。つまり、人の生活にとって「適応」は非常に重要なテーマです。そして、この「適応」という心のあり方である「適応感」について、私は臨床心理士として、また、小学校・中学校・高等学校のスクールカウンセラーとしての立場から研究しています。

 

【関連する論文】

・「大学生の適応感と大学生活における要因の関連」宇部フロンティア大学大学院附属臨床心理相談センター紀要 第9巻に掲載

・「高等学校の特徴別にみた不本意入学と適応感の関連について」日本心理臨床学会第32回大会発表論文集に掲載

 

 

<プロフィール>

桝本俊哉

山口県スクールカウンセラー,山口労働局 労災精神障害専門調査員,NPO法人メンタルヘルス研究所理事,山口県臨床心理士会事務局などを兼任。おもに学校臨床心理学や産業・組織心理学を専門にしています。大学院生の研究指導や臨床心理士資格試験対策講座も実施しています。

 

<学生へのメッセージ>

目標を持って学ぶことは大切です。しかし,学んでいくうちに目標が見えてくることもあります。だから「やってみようかな」と思えるようになったら、やってみることをお勧めします。そして,それが心理学であるなら,私は喜んでみなさんを応援します。

 

 

<質問コーナー>

Q:先生にとって心理学の魅力とはなんですか?

A:心理学を学び,生活に活かす訓練をすることで「人間力」が向上します。

 

Q:教育の中で大切にしていることを教えてください。

A:臨床心理学では「どういう知識を教えるか」より,「どういう体験をしてもらうか」が大切だと考えています。

 

Q:最近の関心事は何ですか?

A:臨床心理学を子どもたちにどう役立てるか?、子どもたちを見守ること。

 

Q:ほっとする時間,ほっとする場所を教えてください

A:春:あたたかな日だまりで,ほんわかする。

夏:涼しげな小川のせせらぎを聞く。

秋:運動会。子どもたちの元気な声を聞く。

冬:こたつで,のんびりする。毛布でモフモフする。

 

Q:座右の銘

A:夢は空に。幸せは足下に。

 

Q:フロンティア大の魅力

A:地元就職に強い,心理学系の教員が豪華,臨床心理士を目指す人へのサポート体制が充実