地域連携センター

 

センターの目的


宇部フロンティア大学の有する人的、知的、物的資源を地域社会に有効に活用するための支援を行います。地域社会との多様な連携・協働を推進し、地域の発展・振興に貢献するとともに、地域に愛される開かれた大学の実現を図ります。
 

地域連携センターの業務


地域連携センターは学外と学内をつなぐワンストップ機関です。
 
  • 学外の様々なニーズに対する窓口として対応します。
  • 学内外がともに取り組む諸活動をコーディネートします。

次のようなことを行います(事業例)。
  • 自治体、教育機関、事業所、各種団体等と連携・協力のコーディネート
  • ボランティア等、学生の体外活動の仲介
  • 地域課題に関する研究推進
  • 社会貢献に資する学内資源の情報の集積
  • 公開講座、開放授業等による生涯学習の場と機会の提供
  • 資格試験の運営
  • 出前講義等の高大連携の推進支援
  • その他、学外と学内の協働・連携全般に関する相談・対応
 
様々な活動・依頼・委託・相談等における大学と外部とのワンストップ接続機関として、行政、企業、教育機関、各種事業所、NPO、ボランティア団体等からのお話を承ります。お気軽にお問い合わせください。
 
 
宇部フロンティア大学附属地域連携センターは
  宇部フロンティア大学 および 宇部フロンティア大学短期大学部
  の 共同附属機関です。