10月2日(金)に公認心理師法成立記念公開講座「公認心理師法と心理職の未来」が実施されました。

 

第一部の講師には、衆議院議員 自由民主党の河村建夫先生をお招きして、「公認心理師への期待」について講演していただきました。

河村建夫先生は「心理職の国家資格化を推進する議員連盟」の会長であり、今回公認心理師法の筆頭提出者です。

平成2年から法案作成を開始し、公認心理師法の成立までの経緯。今後の心理職への展望など、様々な視点から公認心理師法について講演していただきました。

引き続いて、第二部では、人間社会学部 学部長の高田晃教授の「公認心理師法の意味するもの」を講演しました。

今回の講演では、学生や教職員の他に、地域の一般社会人を含め、約200名が聴講いたしました。